Archive for category アート周辺

興梠優護

「 Under the Skin 」

しばらくは大阪、
個展会場でライブペインティングするという。

興梠優護
@ Yoshimi Arts

『藤田嗣治 本のしごと』

『藤田嗣治 本のしごと』
大谷美術館

タイトルは地味だけど、
どんだけおもろいか。

戦争画も含め、もう紹介尽くされた感のある
藤田嗣治だが、こういうマニアックともいえる
企画にこそ、藤田の全貌がみえてくる。

「しがない職業と少ない稼ぎ」「四十雀」の挿画本2冊。
『中毒について』の挿画。
絵手紙は食いついてみて、笑いがこみあげる。

田村一

蝦夷女乃手
田村一

きょうのお客様から
つかっていただきましょう。

上原浩子の菌たち


Deep Forest

熊楠先生も仰天の
新菌発見。
森深くわけいると、まだまだ
ありそうです。

『みずのき美術館』

3年ぶりに『みずのき美術館』へ。

O JUN、日比野克彦、中原浩大と
みずのきのアトリエメンバーの作品が
ごっちゃに展示。

文字を書き込んだメンバー作品に呼応して
O JUNが鉛で壁に直描き。
ワロタ。

京鹿子娘五人道成寺

京鹿子娘五人道成寺
シネマ歌舞伎 (28年12月公演)

Eテレ〜玉三郎かぶき女方考〜を見たばかり。
映像にぴったり寄せて、型をきめる技と精神を語っていた。
おかげでこの映画のワンシーンごとに反芻。

二人道成寺で菊之介、
五人道成寺で勘九郎、七之助、梅枝、児太郎、
この正月松竹座で壱太郎。

玉三郎のこのところの<伝える>動きは
伝統芸能絶滅の予感に怯えるようだ。
なみなみならぬ覚悟。

オラファー・エリアソン ・ 岩間朝子

オラファー・エリアソン
2008、ニューヨークに4つの滝を
つくったときのレポートを中心に。

ベルリンのスタジオがたびたび映し出されるが
ここで働いていたのが岩間朝子さん。
美術手帖「新しい食」特集で大きく紹介。
2005から10年間、キッチン専任スタッフ、
15人ぐらいから、08には50人分もの食事を
ひとりで調理。

*「人間の身体細胞は数ヶ月ですべて入れ替わる、
人間は全体の流れの中の流動的な存在にすぎない」

*「地球の体積は人が食べようが食べまいが変わらない」

*「自分のお腹が空いていることに気付くことは、
他者に出会うこと」

内倉真一郎 <BABY>

写真と額装のマリアージュ。
額装イメージは<へその緒>、
というんだから、ほんとにマリアージュ
の結果こうなった。

写真:内倉真一郎
額装:窪山洋子

内倉さんは、この作品をふくむ<BABY>が、
「7th EMON PHOTO AWARD “BABY”」
EMON PHOTO GALLERYが主宰する、EMON AWARDファイナリストに選ばれました。
グランプリ決定は2月17日。
必ず獲ってもらいましょう。

瀬原加奈子 さんの筆

阪急のウインドウ

タイトルは
瀬原加奈子 さんの筆。
そっちに気ぃとられて、花忘れた。

木を見て森を見ず。

『傾城恋飛脚』

1部の昂奮もさめやらず
ひらひらチケットが舞ってきたので、
今宵は2部へ。

演目のなかでは今回まったく話題になっていない
『傾城恋飛脚』がひろいもの。

梅川忠兵衛のおはなし。
最初の口は写真にある2階部分の御簾内。
前 呂勢太夫と寛治。
雪が音消す逃避行を太棹の響きで
哀切極まりない世界に包みこんでいく。
後は文字久太夫。
犯罪人である息子をおもう父親の心情を語ってリアル。
なんか死んだ親父のこと、思い出したよ。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3