Archive for category アート周辺

新平誠洙 

新平誠洙

今回はどんなイリュージョン
を展開をするか。

4・7(土)長谷川新とのトークショーあり。
参加するつもりが都合がわるくなり、
急遽のぞきにいったら、たまたま新聞インタビューで
作家が在廊。おもしろい話が聞けた。
(@アートコートギャラリー)

前回個展の大作を世沙弥に展示していますが、
4・15に春の展示替えするので、1年ぐらいは
はずすことになります。
観たい方はそれまでにどうぞ。
(アートにそれほど興味の無い方も含め
お客様の反応ベスト1の作品です)

<あさご芸術の森美術館>

<あさご芸術の森美術館>
30以上の巨大な野外彫刻が森のなかに点在。
国道から目立つ植松奎二さんの彫刻を発見したら
はじまり。
ぽつぽつと自然のなかにオブジェが現れる。

『ワンピース』スーパー歌舞伎 Ⅱ

『ワンピース』
スーパー歌舞伎も四代目猿之助からは<セカンド>。
原作漫画は大長編。海賊冒険もので登場人物も多い。
観客のじいさんばあさん、わっかるかなぁ。
とゆうても
歌舞伎、文楽の『本朝廿四孝』『国性爺合戦』なんて
ストーリーも複雑怪奇、人物も入り乱れて、
筋なんかよおわからんもんやから、
似たようなもんです。

舞台ははじけまくってます。
ニューカマーランドの猥雑な開放感。
オカマ革命軍、下村青の怪演。
これぞ歌舞伎の世界ならでは。
春休み、ファミリーや中学生の少年三人組など
歌舞伎初体験はさぞや大ファンに。

イッセー尾形 の一人芝居

イッセー尾形 の一人芝居。
この味わいは、
鮭の皮を、実とは別にして、
裏側のちょいヌルットの旨味を
ひとりだけでたのしむ感覚に似ている。

<和田大象さんは・・・と一緒です>
自分のFBにタグ付けされて写真がアップされてるが、
どこにも自分はいない。いるはずがない飲み屋のシーン。
そこには、さえない年寄りで小太り眼鏡の
おっさんが騒いどる。
顔認識がまちがってされている。・・・これが
結構頻繁に発生してすでに5人ほど経験あり。
(もちろん即刻削除)
なんと、先日はイッセイ尾形を和田大象と顔認識して
FBにアップされておにょにょいた。
似てねぇし・・・

そんなことがあって、久しぶりに
公演にでかける気になったわけです。

妄ソーセキ劇場
#近鉄アート館

上路市剛の21世紀の空也

空也

上路市剛の21世紀の空也である。
どうしても口元に目がいくが、
実は眼力が惹きよせる。

ちなみに
空也上人は平安中期の僧。
口元から6体の阿彌陀佛を吐き出している。
「南無阿弥陀仏」の6音の念仏を唱えましょうね、
この視覚的表現。

<世沙弥コレクション 2018>

山下文朗の出張蕎麦打ち  in 世沙弥

山下文朗の出張蕎麦打ち  in 世沙弥

蕎麦前が蕎麦好きの呑助にはたまらん。
(ずべて文朗 手づくり)
(酒 1部・萬寿鏡 F60 : 2部・萬寿鏡 甕覗)
桜そば(更科粉の変わりそば)
田舎そば(挽きぐるみの外1)

【第19回 ラブストーン 石磨き】

【第19回 ラブストーン 石磨き】
今回は同時開催の<蕎麦の会>
参加の方々にも磨いてもらいました。
春の陽気にうかれて、
ただ石磨きだけの参加の方も多くてよかった。
和歌山からの農家ファミリー、
ご近所のスエーデン人、ピーター、
FBみただけの初参加の方も。うれしいですね。

紙やすりは1000番に。
つるつるがつるっつるっに。
2000番こえてくると、
これがつるんつるんになるそうです。

磨いた延べ人数は1920人。

加藤穂月 個展

駅ウエなんで、食材仕入れの帰りに
覗き見。期間中、2度目。

キッチンで鍋をふってると、
セレンディピティに辿りつくことが
あるある。。。

加藤穂月 個展
@ DMO ARTS

『苦い銭』監督:ワン・ビン

ドキュメンタリーにみせたフィクションか。
途中なんどもそうおもわせる。
ヴェネチアで脚本賞を獲った
『苦い銭』
監督:ワン・ビン

@ ナナゲイ

” 申し訳ございません ” 吉永マサユキ

” 申し訳ございません ”
吉永マサユキ 写真展

20年前の十三の空気が濃ゆ〜い。
オミズもヤンキーもゲイも入れ墨も
マイノリティが精彩放ってた。
新世界も鶴橋も十三もみ〜んな
清潔になったけど、
人間がうすううすうなってしもてるやん。

もうしわけございません


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3