4・10
メイドからメイドにわたすスプーンがあつめる春の祝祭のうた : ひぐらしひなつ
〜〜土筆摘む罪なき少女ら突つきあふ

4・9
胃に森があり花守が泣いている               : 田島健一
〜〜散りいそぐべし位牌をだいて

4・8
エビスビールの空き缶蹴れば冥府へとひとを誘ふ軽き音せり : 松岡秀明
〜〜ガス抜きをすれば本体総崩れ

4・7
弟がちくわの役を降ろされる               : 北村幸子
〜〜トラウマかかえライオンキング

4・6
花見弁当ひらけばおもふ ほほゑみに肖てはるかなる<戦争放棄> : 小島ゆかり
〜〜大津波黒いピアノだけ残す