『ATELIER INCURVE in ART FAIRS』

アトリエ インカーブが
ニューヨーク『アート・オン・ペーパー』と
『アートフェア東京』に出展したときの報告・・・
ではありません。
「(前略)作品を「現代アート」として位置付け、「市場性」を問うた記録である。」
<はじめに>とある第1頁の最後に書かれたこの宣言は、
今中博之の<アールブリュット福祉行政>の流れへの
宣戦布告であり、たったひとりの反乱の記録である。

障害者アートに興味がなくても、<市場><教育><批評>の面だけでも後半のインタビュー、ディスカッションは刺激あり。