文楽三味線の鶴澤藤蔵にまいってしまうと、
『三絃の誘惑』を読みたくなって、
すると谷崎の『蓼喰う虫』が語られて、
蓼酢から鮎が食いたくなった。

1週間ほど前、通りがかりに一見ではいった
居酒屋の魚がうまくって、そこの黒板に
「6月2日、揖斐川の初鮎入荷」 おもいだした。
そうか、もう夏なんや。
揖斐川って どこやった?