『神の値段』一色さゆり

現代美術作家、河原温がモデル。

難解なコンセプチュアル・アート、
考えられない高い価格が話題になる
奇々怪々のアート業界。

現代美術入門のタイトルがついた
ありきたりの評論家解説書より、
数段丁寧なガイドブックになっている。

本のタイトルと装丁が気に食わないが、
変に現代アートっぽいクサさを避けたんだろうね。