アトリエインカーブ
設立15周年記念シンポジウム
<障がいのあるひとの創作と市場>

障害者の害は、
当該者にあるものではなく、
伸びようとする芽を摘んでしまう
社会の側に在る問題。
福祉は弱者救済のためだけではなく、
障害を取り除くために活用されるべき。
(松井彰彦教授の基調講演)

びっしりの会場には、
アート関係、福祉関係、教育関係が
それぞれ三分の一という刺激的なシンポ。