11・5
メモ持ちてスーパーに菜買ひにゆく引き返せないことが人生 : 高野公彦
〜〜コンビニでおしっこボケのマーキング

11・4
長き夜やピラフ解凍して独り : 金子敦
〜〜虫の音絶えてチンに癒され

11・3
二十年かけてふくらむ我が腹の時間をつまむ湯船の中で : 武富純一
〜〜三段腹シックスパックの名残なり

11・2
ふにふにと巻きタバコ嗅ぐ月の客 : 中島葱男
〜〜胸ポケットにパイプがのぞく

11・1
パゾリーニ論なかばにて銀杏がゆであがりこのかなしき翡翠 : 塚本邦雄
〜〜眼球と睾丸ねぶりはやあくび