岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』デビューは
衝撃的だった。
表紙の甲斐庄楠音『横櫛』の効果も大。

同時代を競った『岡本神草の時代展』。
いづれも舞妓、芸妓の妖かしの世界。
妖艶というより狂気すれすれ。
いまの相撲界などまだまだ可愛いもんだ。
大正という時と京都という場が
これらの若き作家を選びだしたのだろう。

@京都国立近代美術館