ハメモノ実演。
シブい江戸落語を上方落語より
格上に評価する阿呆がおるが、
上方のハメモノを知らんのか。

フランケンシュタイン映画の怪優ばりの
桂米輝は意外にも楽器の名手。
篠笛、能管を器用にこなす。

内海英華さんの女道楽、さすが。
メインを立て、会場の客層を読んで
繰り出す演し物。
三味線をおいて、踊りだしてのサービス。

主役は「咲くやこの花賞受賞記念」の
桂佐ん吉。
米朝>吉朝の流れ、上方の粋な正統派。
真面目な印象が損。もうちょっと破れが欲しい。