12・10
ひらめくや冬の林檎を割るごとく : 津川絵理子
〜〜ぐずでのろまな人工知能

12・9
「なめんぢやねえよ」力(ぢから)のまたもあふフォークに黄身をくづすわが手は : 花鳥佰
〜〜またしてもスルーしたはず逆張りに
12・8
町裏の小路たどりて河豚の鍋 : 小川濤美子
〜〜矢でも鉄砲でももってこい

12・7
肉食の蟻が素肌に這いまわる真昼の夢や 街宣車来る : 藤原龍一郎
〜〜わかってても誰も言わない死臭あり

12・6
珈琲来れど君コート脱がうとせず : 榮猿丸
〜〜耳毛でてます言い出せなくて