12・15
虚と実の渾然工夫ひとしきり鯛、時を経て雑魚に及ばず : 依田仁美
〜〜弱法師のいわしいつしか能舞台

12・14
鯉食べて眼の効いてきし寒暮かな : 大石悦子
〜〜欲過剰なり悪食なれば

12・13
過眠症を抑える錠となりぬべし起きてすぐ飲むコンサータ18mg : 生沼義朗
〜〜あした晴れたら廃馬は撃ち殺せ

12・12
猪の臓腑埋めし落葉かな : 矢島渚男
〜〜都このごろ噂もちきり

12・11
りんごどれも軸傾けて静まれば指先までが動悸していつ : 前田康子
〜〜距離感をたもてず自滅くりかえす