『ちゃぶ台返しの歌舞伎入門』 矢内賢二

踊りについて、一章たててあります。

体の動きが何を表現しているかわからないのが
不完全燃焼の原因。
詞章を読むのが一番早道。
一つの言葉を出発点に どんな方向に、
どんなスピードで、どれだけの広さに
連想の網が広がっていくか。

正月は玉三郎の舞踊公演。
ちょっと楽しみ方がちがってくるか。