12・20
ひといきに葱ひん剥いた白さかな : 柳家小三治
〜〜焼くほどに蜜垂れとろんとろん

12・19
なくなった国の名前をとなえつつ焼きピーマンの薄皮をはぐ : 東直子
〜〜皮と実のあわいの旨し人間も

12・18
煮詰まつてゆくは夫婦の愛・憎・無視 : 筑紫磐井
〜〜痛む胆石金ピカなりし

12・17
二種類の唾液が溶けたエビアンのペットボトルが朝日を通す : 谷川電話
〜〜舌かさね味蕾をからめ紅涅槃

12・16
儀式ですセロリの裸洗うのは : 金原まさ子
〜〜すっぽんぽんで突ったってなさい