エネルギーがうねるように舞い上がって
竜巻ハイテンション浄瑠璃。
織太夫の語りに挑みかかるように狂熱の
ボルテージを煽ったのがベテラン燕三の三味線。
強烈に記憶にのこるライブパフォーマンで
織太夫は襲名デビューを飾った。

『摂州合邦辻』は俊徳丸のおはなし。
弱法師であり、身毒丸であり、バリエーションはいろいろ。

舞台後半は俊徳丸、玉手御前など
6体の人形が舞台に配置されているが、
そのすべてがまわりの人形遣いの手を離れ
ナチュラルに自在にうごきはじめる瞬間をみた。
怖かった。