1・5
食べ応へある白菜を神様に : 西村麒麟
〜〜麹まみれし芯は神なり

1・4
迷い箸している君の目の前で身じろぎせずに待ってるわたし : 鈴木美紀子
〜〜三の重ずらして隅をつついてる

1・3
穴と穴合へば一味や去年今年 : 雪我狂流
〜〜白味噌雑煮からしたっぷり

1・2
存在せぬ場所からぶらりとやつて来る新年の犬にパンを与えむ : 岡井隆
〜〜細胞の死んで過去なし常未来

1・1
正面はここぞと決める鏡餅 : 安藤郁子
〜〜御居処のあたり肝心要