京鹿子娘五人道成寺
シネマ歌舞伎 (28年12月公演)

Eテレ〜玉三郎かぶき女方考〜を見たばかり。
映像にぴったり寄せて、型をきめる技と精神を語っていた。
おかげでこの映画のワンシーンごとに反芻。

二人道成寺で菊之介、
五人道成寺で勘九郎、七之助、梅枝、児太郎、
この正月松竹座で壱太郎。

玉三郎のこのところの<伝える>動きは
伝統芸能絶滅の予感に怯えるようだ。
なみなみならぬ覚悟。