1・20
ゆびさきのよろこびゆびはくりかえし味わうポン・デ・リングちぎりて : 鶴田伊津
〜〜小指無いひととすごした夏休み

1・19
大寒といふ一枚の落し蓋 : 鷹羽狩行
〜〜今世紀より氷河期に入る

1・18
志ん生がわからぬ、と妻はまなぶたを伏せたり俺も、と棒茶をそそぐ : 黒瀬珂瀾
〜〜ポリコレでお茶を濁さず柱立て

1・17
4Bで描く白菜の断面図 : 浦川聡子
〜〜大きいお尻を紐でぐるぐる

1・16
腹ふくれて店出でしとき松の木のかたえに地蔵の前垂れ赤し : 真野少
〜〜日の丸のお子様ランチ復活し