緞帳があがると、
祇園藝妓衆の華やかな祝舞。
口上では代わる代わる口々に
毒たっぷりの本音で客席はあったまり、
トリ前の文珍、いつもの IT 小噺のネタをつないで、
あっさりドッカン、お後がよろしいようで・・・
よお、四代目春団治、
さあ、わらいますよ、前のめりの小屋のムード、
マクラのあとの『子は鎹』に入いるや、
寒波襲来、冷えはいやますばかり。