3・10
春光や飯にかけたる塩見えず : 小野あらた
〜〜ラマの教えの溶けて沁み込む

3・9
真夜中の人の胃のなかにゐるやうでなまあたたかし春の嵐は : 睦月都
〜〜嘔吐する汽水域ありインフルに

3・8
送別やこの青饅に足らぬ何か : 宇多喜代子
〜〜なまぐさきこと無難に避けて

3・7
妻が吐く金魚のひれが硬いのでそのうすい喉をさすってやった : 久真八志
〜〜黒焼きの蘭鋳疲れに効きます

3・6
春はあけぼの乳酸菌が数億個 : 山崎利加
〜〜腸には兆の単位でかかれ