3・15
起き出でて夜の便器を洗ふなり 水冷えて人の恥を流せよ : 斉藤史
〜〜すべてかゼロか臨界を超えるとき

3・14
春の夜や檸檬にふるる鼻のさき : 日野草城
〜〜目隠しされて解放おぼえ

3・13
クリームがずるりと滑るパンケーキどこまで卑怯になれるだらうか : 文月郁葉
〜〜逃亡記伏せある卓に梅一輪

3・12
青饅や組織図に我なきごとし : 田中裕明
〜〜行列すりぬけて居酒屋へ

3・11
あたりまえにありし日日(にちにち)負ひながら一合ばかり炊く白飯(しらいひ)や : 島田修三  〜〜飯炊きに少しは不味しなにごとも