4・10
はうれんさう菠薐草はぜつたいにホーレン草ではないのよポパイ : 照屋眞理子
〜〜オリーブはブラック好きのマイノリティ

4・9
のどけしや父飲食の喉ぼとけ : 高田正子
〜〜上になったりお辞儀をしたり

4・8
公園に満ち溢れたる人間の家族の食ふを鳥は瞰(みおろ)す : 徳高博子
〜〜百千鳥花見でつつく幕の内

4・7
貝類のこぞり舌出す蜃気楼 : 能村研三
〜〜父と息子のいびき共鳴

4・6
夢の世をいちごはうめえぞただ喰らへ閑吟集よりいちご大福 : 沢田英史
〜〜ただ狂へさればバランス正に振れ