4・20
飮食のさなかましろき魚の肉に添いたる血管をはずしゆく : 内山晶太
〜〜夏近し解体新書弟と

4・19
鳥貝や打ちすゑられて蠢ける : 間村俊一
〜〜握る板前初心者マーク

4・18
われを叱り弟を叱り飽き足らず冷蔵庫叱るけふの母親 : 岩﨑佑太
〜〜有精卵復讐するは割れにあり

4・17
甘皮を剥いてあらゆる日永かな : 大塚凱
〜〜変態脱皮なんども許す

4・16
実体もないのにここで生きてゐる午前一時の尿意がリアル : 大塚ミユキ
〜〜透け肉の幽霊太き管で立つ