4・25
青海苔や水にさしこむ陽の光 : 正岡子規
〜〜明石の蛸の目鼻立ち良き

4・24
もみ殻に埋もれてゐたる乾物屋の鶏卵(たまご)をおもへ糞まみれなる : 島田修三
〜〜食いもんの製造工場4次元へ

4・23
みんなあほ蛤の舌出っぱなし : 小林苑を
〜〜かしこあつまり気にしてる砂

4・22
骨壷は青天の色あたらしき臘酒をみたしわが前にあり : 塘健
〜〜六道を巡る一夜のみそかごと

4・21
蕨手は夜見の手それも幼き手 : 高野ムツオ
〜〜黄泉の底からのぞく目ン玉