4・30
海水が微妙に苦し廃艦の錆おとす男らのくちびるに : 塚本邦雄
〜〜無理強いに喉つまらせてやがてあまし

4・29
春惜しむ白鳥(スワン)の如き尿瓶持ち : 秋元不死男
〜〜はや青嵐の音連れありて

4・28
砂。やはき唇にふくめば青々しき未熟さも陽にはつつまるるやさし : 松平盟子
〜〜心臓をわしづかみするは炎帝

4・27
竹の子は実(げに)ちく類ぞかはかぶり : 松永貞徳
〜〜獣衣(けごろも)剥けば白無垢の肌

4・26
「なまにゅう」とわざわざルビが振ってある小岩井生乳100% : 松村正直
〜〜お父ちゃんの嘆きのボイン可朝死す