テロルであり、エロスであり、タブーの犯しであり。
その中川幸夫をいまとなっては
写真でしかみることはできない。
荘厳化された華へ、
片桐攻敦がオマージュの花を活ける。

@ 建仁寺両足院