太切りと細切り
こうメニューにあると、
太い方は、ふつうに黒っぽい
挽きぐるみやや太め。
ところが、これ超極太ですやん。
凡愚、蔦屋系で慣れてるからええもんの
これで勝負してんのは珍しい。
まだまだ、おどろくのはここから。
「蕎麦湯は笑かすぐらい濃ゆ〜いのんも
いまやったらできますけど」
どないやねん?
なんと、でてきたのは、どろどろ通り越して、
もはや蕎麦掻き寸前。
これを蕎麦つゆでもろたら、完全な極上の一品。
酒は義侠(愛知)、アテはチーズにいぶりがっこ。

帰りには、観音さんにお参り。
「あびこさん、いってくるわ」
親父がこれを口実に悪い遊びに通ってたん、
思い出しました。
鬱陶しかったけど、かわいいとこあったんや。