5・20
三年ぶりに家にかえれば父親はおののののろとうがひをしており : 本多真弓
〜〜花粉症ある世代には麗しく

5・19
赤いたすきをかけて台所がせまい : 尾崎放哉
〜〜厨房男子缶ビール女子

5・18
朝食の卓に日は射し詩人の血わが静脈にこそ流るるを : 藤原龍一郎
〜〜目覚ましに匂い尖るる新樹かな

5・17
天道虫飛んでしつかり朝御飯 : 小林苑を
〜〜血糖値すぐ跳ねて戻らず

5・16
カフェラテの泡にたゆたう葉脈をひとくちごとに引きのばしおり : 鯨井可菜子
〜〜あっかんべえの舌乗りこなすサーファー