6・15
老いてゆく記憶にまろく明かるみて世界を覆ふ夏蜜柑在る : 紀野恵
〜〜親指をずぶり突き立て地球割る

6・14
食ふ肉と滅びあふ身ぞ空のあを : 三橋敏雄
〜〜骨の周りの部位から腐る

6・13
魚捌き塵出し終へて午後よりは一人こもりて三鬼を読めり : 志垣澄幸
〜〜歯科医師でおんな好きいらぬ情報

6・12
こぼれがちなビールの泡よサヨナラ勝ち : 遠山陽子
〜〜かわらず君は敗戦投手

6・11
「お〜いお茶」並び立ちゐる会議室選び買ひしは男にあらむ : 村上和子
〜〜会社尻拭い家庭皿洗い男子