6・20
桜桃の茎をしをりに文庫本 : 丸谷才一
〜〜本棚倒れ断捨離決意

6・19
吾がために君が買ふ朝の海老五疋虹のごとくに手の上にあり : 土屋文明
〜〜するすると目を離すすき脱皮する

6・18
夏雲や目薬甘く喉の奥 : 野口る理
〜〜ガリガリ君でディープスロート

6・17
輪郭はつねに濃くあるわたくしであるように飲む若葉青汁 : 後藤由紀恵
〜〜ヨーグルト愛飲の姉透けて消ゆ

6・16
隣席に水谷八重子ソーダ水 : 青木月斗
〜〜蘭鋳の目に酸欠きたる