6・25
痩す痩すも 生けらばあらむを はたやはた 鰻を捕ると 川に流るな : 大友家持
〜〜しらばくれ吐かせてみれば中国か

6・24
七人の小人ゐそうなパセリかな : 笹下蟷螂子
〜〜怖いことにも慣れますように

6・23
死んでいるいわしがのどをとおるとき頭の中にあらわれる虹 : 笹井宏之
〜〜安楽のカミングアウト死が迎え

6・22
天然の蝦蛄はたのしく海の底 : 上田信治
〜〜溺れサーファーすぐお友達

6・21
産毛の立ったオクラも萎びゆくけどいつまでもきみは妖精でいて : 馬場めぐみ
〜〜ネバトロをもてはやすのに食傷す