7・5
白骨と煙になるのを待っている 充血した目で飲食物を選びながら : せきしろ
〜〜百回忌食い意地自慢のうからなり

7・4
遺跡のような命のような冷蔵庫 : 曽根主水
〜〜賞味無限を喰うエイリアン

7・3
人生のメニュウをひらき最初からアイスクリームにしたい朝です : 藤本玲未
〜〜リーマンはジェラシー仕立ての呑み会へ

7・2
汗になることを承知の水うまし : 高田風人子
〜〜全身噴水空中浮遊

7・1
空費せし<今日>の結末、わが皿に累累と黄の眼球の枇杷 : 塚本邦雄
〜〜半夏生ごろりよこたわる睾丸