7・10
サラダさつと空気を混ぜて朝曇 : 正木ゆう子
〜〜鮨握るコツ秘すれば花よ

7・9
完熟のマンゴーのごとやわらかき男盛りの夜に降りゆく : 野口あや子
〜〜宮崎よりフィリピンの手荒さアイス

7・8
葛餅の蜜の届かぬ角三つ : 小野あらた
〜〜幽霊頭巾水無月汚し

7・7
なんにでも醤油をかける恋人の「おまえだけだ」を聞きながす夏 : 田丸まひる
〜〜ニョクマムを普段遣いの美僧食

7・6
枇杷剥きぬ不良になれぬ中年へ : 櫂未知子
〜〜ちょいワルカードまっさらで廃棄