安田登『能』
『風姿花伝』読み解き切り口が鮮やか。
そして『奥の細道』から芭蕉の人物像に迫る
サスペンスにまいりました。

この作者のものを読みたい。
新作『身体感覚で『論語』を読みなおす。』
<論語>に興味はないが、トライの価値はありそう。
旧作『本当はこんなに面白い「おくの細道」』
こちらはもちろんどっぷりたのしめそう。