7・15
べたついた悪意とともにつむじから垂らされてゆくコカ・コーラゼロ : 山田航
〜〜善き人のホワイトコーラ奏でつつ

7・14
サンドイッチしづかに倒れ雲の峰 : 金子敦
〜〜だし巻き卵はお酒のあてに

7・13
歯を磨くときに犬歯のうらがはのすずしくありき今年の夏は : 加藤孝男
〜〜蝉しぐれさるぐつわでもはめてやれ

7・12
筆圧の強し鰻の領収書 : 大森案山子
〜〜夕立わさび白焼きにのせ

7・11
喫茶店の壁に残れる旧き日のホロスコープを今日もまた読む : 鯨井可菜子
〜〜回帰線北も南もなまぐさし