8・20
桃うかぶ暗き桶水替うるときの還らぬ父につながる想い : 寺山修司
〜〜夜通しに男の厨昆布煮る

8・19
新涼の水の重たき紙コップ :  山本紫黄
〜〜二日酔いなる錫のぐい呑

8・18
ひまわりの種テーブルにあふれさせまぶしいぢやないかきみは癌なのに : 渡辺松男
〜〜眠り間に太陽熱を蓄電し

8・17
猿のように抱かれ干しいちじくを欲る : 金原まさ子
〜〜難民のフィグ奪いむさぼる

8・16
熟れてなほ青々として芒果(マンゴー)はレインボーフラッグとならんでゆれる : 小佐野彈
〜〜溶け合えば漆黒となる色襲ね