チャーミーがボロ家の外でないてます。
そんな時間は先輩から借りた本を読みまする。

『現代芸術のエポック・エロイク』
〜パリのガートルード・スタイン

金関寿夫さんが1990年『ユリイカ』連載。
軽いエッセイ風が粋っす、
かるく読売文学賞もろてはる。