10・10
モナリザに八重歯とろろ汁好きそう : 三好飛白
〜〜口角上げる日々のたしなみ

10・9
別れたと遠くに聞いてあのひとのニッカの壜を棚に眺めつ : 蔦きうい
〜〜モルトからもっぱらバーボンハイボール

10・8
左手に右手が突如かぶりつく : 阿部青鞋
〜〜乳首がふいにためいき漏らす

10・7
「おまえとは結婚できないよ」と言われやっぱりたべている朝ごはん : 俵万智
〜〜サーモンの游ぐノルウェイまで脱走

10・6
がつくりと抜け初むる歯や秋の風 : 杉山杉風
〜〜インプラントの破産宣告