国産は高い。コスト高のマイナスより、消費者への安心

アピールのプラス効果大の判断。協力農家にみならず、

自社で大規模野菜栽培を開始。ゴマも同様。元から国産

イメージの強いものだけに国産リクエストが急にふえた。

(輸入食材の国産化)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/254029/

(伊藤忠・国産野菜の販売会社)
http://www.japancorp.net/japan/Article.Asp?Art_ID=40943