10・25
獣肉を男同士で喰ふことの罪╱そののちのあひみての罪 : 小佐野彈
〜〜膝つきて喉元深く罰を受く

10・24
もう種でなくまつさをに貝割菜 : 永田耕衣
〜〜繭の少年そろそろでようか

10・23
「ブロッコリーについては俺も十字架を負つてる」二十二時の晩餐 : 石川美南
〜〜水茶漬最後にのぞむあれは嘘

10・22
つまらなく夫婦の膝の柿二つ : 石川桂郎
〜〜肉喰うに肉の部位どうでも

10・21
鷲森が離婚のわけを訊かぬまま腹ゆらしつつビールを呷る : 染野太朗
〜〜恥捨てん誰もみてへんわかってへん