10/31

生麺麭の死への睡りにふりかくる罌粟の實この世のほかの叡智 : 塚本邦雄  

〜〜末端より痺るる気配枝状に

 

10/30

尿道を尿通りゆく案山子かな : 林雅樹  

〜〜大鴉きて尻に嘴

 

10/29

包丁のうすい刃先を筋に当て引けば緩みゆく君の怒りも : 竹内亮  

〜〜微笑みはミスジ切り分ける感触

 

10/28

戸袋のどこかふくらむ柿日和 : 鷹羽狩行  

〜〜匿うている軽犯罪者

 

10/27

眼前に落ちて来たりし青柿はひとたび撥ねてふたたび撥ねず : 小池光  

〜〜誰も見ていない社会にコミットせよ

 

10/26

笑茸隠れて口にしてみむか : 星野麦丘人  

〜〜善き人のためソナタを捧ぐ