11/5

タイカレーのラムは骨付き銀杏散る : 藤原敏史  
〜〜醤油嫌いでニョクマム育ち

 

11/4

別れたと遠くに聞いてあのひとのニッカの壜を棚に眺めつ : 蔦きうい  

〜〜髭面で達磨の笑い麦畑

 

11/3

食ふことに余念無き蟲露の中 : 岩木躑躅  

〜〜背中の丸く隙と見せかけ

 

11/2

恋人をまじえて水炊きをかこむ呼びようのない暮らしの夜だ : 山階基  

〜〜柚子かぼす酢橘はそろた主役待ち

 

11/1

鳥渡る老人ホームのティータイム : 山尾玉藻  

〜〜影絵のごとく消ゆ一人づつ