1105

恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信田の森のうらみ葛の葉 : 狐葛の葉  

〜〜蘆屋道満大内鑑・葛の葉子別れの段

 

1104
秋かぎりといふ守衛ゐる画廊かな : 能村登四郎

 

1103
われ忘れずうすき月夜を池にそひて二人めぐりしひともと丁子 : 与謝野鉄幹

 

1102
鯖雲や犬の興味は他の犬 : 長嶋有
1101
柿の実のあまきもありぬ柿の実のしぶきもありぬしぶきぞうまき : 正岡子規