手挽きである。
それならば蕎麦掻をまずいただいてスタートに。
20年ぶり。
下呂にこだわりのそば打ち人あり。
高橋邦弘さんに始まる2000年以前当時の
蕎麦ブームで早くもそば打ちの新鋭筆頭に。
半世紀の蕎麦屋の熟成を確かめたかった。
変わらずの手挽き。

酒は天恩(飛騨高山)