11/30

雪の夜の浴室で愛されてゐた黒いたまごがゆくへふめいに : 塚本邦雄  

〜〜バスクリン変なおまけがついてくる

 

11/29

枯葱が青葱に寄りかかりをり : 谷雄介  

〜〜朗々滅ぶ老々にっぽん  

 

11/28

旅立ちのマフラーを巻き雨の中茴香の酒を求めて歩む : 谷岡亜紀  

〜〜チェコからのアブサン香る針葉樹

 

11/27

河豚鍋やストッキングの蹠が好き : 林雅樹  

〜〜てっさ一箸ぐるり一周

 

11/26

かに道楽の看板の蟹に挟まれて死ぬのもいいね 滲む街の灯 : 笹公人  

〜〜たこ吸いのいぼの偉大よ大志抱く