安永正臣さんの<生き物>がやってきました。

釉薬やガラスを使って形をつくり、
砂や山土に埋めて焼成。
出土品の風合い。

ちなみに、隣りは、宮永愛子さんの作品。
ナフタリンですね。
共に、虚ろなるもの。

<世沙弥コレクション ー2019>