03/15

元号はささくれの詩を呼び醒ます獄の願箋西暦で拒まれ : 小嵐九八郎

 

03/14

とびきりの寝釈迦を見せて呉るゝなり : 堀下翔

 

03/13

包丁が入らないようになっている窓を通して駅員に話す : 柳本々々

 

03/12

のどけしや象の背を掃く竹箒 : 蓮見徳郎

 

03/11

アンデルセンのその薄ら氷に似し童話抱きつつひと夜ねむりに落ちむとす : 葛原妙子