03/20

なりひらはおとうととうふをてのひらに八つにきりゆくゆきひらはなべ : 松城ゆき

 

03/19

芹摘みて男なんかと思うに至る : 鳴戸奈菜

 

03/18

大脳がほどよく酒にとろけゆく頃に世界はわが物となる : 谷岡亜紀

 

03/17

春の野に電子レンジを捨てにゆく : 松本てふこ

 

03/16

生きてさえいれば 無人の円卓のラスクのざらめがはなさぬ光 : 武田穂佳