04/15

鳥の骨ねぶりて甘き桜かな : 高柳克弘

 

04/14

哲学(ひろそひ)はまづかなしみに萌せるとおもひのかぎり花を風うつ : 吉田隼人

 

04/13

春雨やものがたりゆく蓑と傘 : 蕪村

 

04/12

ひとしきり泣いた後コンセント差し込み口に四つん這いでむかう : 柳本々々

 

04/11

硝子器を清潔にしてさくら時 : 細見綾子