通し狂言は通しで観るから
よおわかって面白い、というもんでもない。

「仮名手本忠臣蔵」五段目より七段目まで
春がつまらんかったので今回はパス、してもよかったが、
こんな時は非常に面白いのだ。

五段目・二つ玉の段
〜急ぎ行く 靖太夫
六段目・身売りの段
〜急ぎける 咲太夫
六段目・早野勘平腹切の段
〜早めて急ぎ行く 呂勢太夫

太夫の出だしに同じフレーズが続く。
聴き比べ。