11/15

皿の上に魚の骨はのこされて死はほのしろき賜物(ダル)でもあらむ : 藪内亮輔

 

11/14

秋刀魚喰ふお前骨まで美しい : 新家月子

 

11/13

秋の夜にひとり酌みつつ恋ふるひと幾人(いくたり)かある筆頭は内緒 : 伊藤一彦

 

11/12

秋の昼疾うに抜けたるガムの味 : 竹内秀治

 

11/11

うつくしい輪切り事例の一としてパイナップル缶に沈むスライス : 月野桂